垂れ幕製作時に気をつけたいポイント

あぴまちNetではのぼりや横断幕、垂れ幕などのデザイン制作・販売を行っています。垂れ幕製作に掛かる費用は決して安いわけではありません。失敗しないように慎重になる方もたくさんいらっしゃいます。垂れ幕製作時に気をつけたいポイントを押さえておけば、失敗することもないでしょう。

デザインにこだわる

垂れ幕を効果的に見せるなら、デザインにもこだわると良いでしょう。フォント1つとっても与える効果は様々です。まずはどのようなシーンで垂れ幕を使用するのかをイメージします。楽しげな雰囲気を印象付けたいならポップなフォント、力強いイメージを伝えたいのなら太字のフォントなど、用途に合わせて選んでみましょう。

あぴまちNetの垂れ幕製作なら、デザイン・修正が無料です。お客様のイメージをお伝え頂ければプロが形にします。既成のデザインも豊富に取り揃えており、セミオーダーも可能です。

サイズ

用途や場所に合わせて垂れ幕のサイズも幅広くご用意しております。しかし初めて垂れ幕制作する場合、どのようなサイズがベストなのか迷われる方も少なくありません。まずは設置する場所やスペースの広さを確認しましょう。歩道から見ることを前提にするのなら目線の高さに、車道から見せたいのであれば信号機や道路看板くらいの高さに持ってくるなど、どのようなシーンで展示したいのかを明確にしておくと安心です。

生地

垂れ幕製作に用いられている生地は種類豊富にあり、特徴も価格もそれぞれ異なります。1度きりのもの・長く使うもの・屋外設置・屋内設置など用途や設置場所などで適している生地も異なるのです。目的に応じて生地を選ぶことが大切です。何度も持ち運ぶのであれば軽い素材のもの、同じ場所に長期展示するのなら雨風に強いものなどです。

名入れオリジナルデザインの垂れ幕製作・販売のことならば、あぴまちNetへお任せください。小ロットから販売しておりますので、1枚だけ欲しいという方でもお気軽にご利用頂けます。また、オリジナルのものだけではなく、既製のデザインも販売しております。様々なシーンでご活用頂けるよう、種類も豊富に取り揃えております。

お知らせはこちら