効果的なのぼり設置方法

のぼり製作をするときには販売物やサービス内容、イベントなどを効果的に告知するデザインを考えます。こだわりののぼりをよりよい広告にするには、設置方法にも目を向けてみてください。設置方法にこだわれば、時にその効果を何倍にもすることが可能です。せっかくならば、伝えたいイメージを意識しながら設置してみませんか。

色を考える

同系色で設置する

のぼりの文字が異なる場合でも同系色にすることで統一感が生まれ、上品なイメージを持たせることができます。美容室やエステサロン、雑貨屋、レストランなどお洒落なイメージを持たせたい店舗に最適な方法です。

カラフルに設置する

文字が同じでも旗の色をカラフルにすることで、華やかで明るいイメージを持たせることができます。セールやイベントなど賑やかな告知をするときなどによく用いられている方法です。

1本だけ違う色にする

複数設置しているのぼりの中に1本だけ他のものと違う色ののぼりがあれば、とても目立ちます。1番アピールしたい商品やサービスがある場合などに最適な方法です。

間隔を考える

のぼりはたくさん設置すればするほどいいというものではありません。間隔を空けずに密集させると乱雑に見えるばかりか、肝心の店舗を隠してしまったり、文字を見えにくくしてしまったりします。それではのぼりを設置する意味がありません。のぼりの効果を最大限に引き出すためには、通行人やドライバーの目線になり、適当な間隔で設置するように心掛けることが大切です。

のぼりの間隔としてよく採用されているのが「一間」です。一間は日本で昔から使われている測量の単位で、約1m80cmの長さを指します。一間の間隔はドライバーや歩行者の視線をよく惹くとされていますので、設置間隔がわからない場合は採用してみるとよいでしょう。

のぼり製作を依頼する際には、のぼりの色や数などを事前に考えておくことをおすすめします。あぴまちNetでは、既製のぼり旗の販売以外にも、のぼり製作のオーダーを受け付けております。名入れをしたい方、オリジナルデザインのぼりが欲しい方、サイズを自由に決めたい方などは、お気軽にお問い合わせください。また、設置に必要な関連商品も販売しておりますので、初めてのぼり旗を購入されるお客様も安心してご利用頂けます。

お知らせはこちら