のぼり旗の歴史

今では多くの店舗や企業に用いられるようになったのぼり旗ですが、その歴史についてはご存知ですか。時代とともに形や用途を変えてきたのぼり旗。発祥は意外なところにありました。

戦に用いられていた!?

その歴史は平安時代まで遡ります。各地で武士の争いが活発になり、自軍と敵軍を見分けるために長い布を木に紐で吊り上げる「流れ旗」がその起源だとされ、軍隊の規模や装備などを見せつける役割もあったとされています。情報伝達手段の発達していない平安時代には、遠くからでも見える流れ旗は敵味方を一瞬で判断し、混乱を避けることのできる重要なツールとなっていたのではないでしょうか。

室町時代に入ると一族間での争いが増え、同じ家紋の流れ旗は混乱を招くツールとなります。そこで流れ旗と差別化するために、現在にも伝わるのぼり旗が考案されます。流れ旗とは違い、管理も容易で小型化も可能ということから、全国に広まっていきます。もともとは軍旗として用いられていましたが、戦が無くなってものぼり旗が姿を消すことはありませんでした。

乱世が終わった江戸時代には、祭事や行事にも活用されています。現在では「遠くからでも目立つ」「一目でアピールできる」といったのぼり旗の特徴が活かされ、お店の宣伝ツールとして活躍するようになったのです。

現代ののぼり旗

現在、街中のいたるところでのぼり旗は見かけられます。ポリエステル製生地の量産染色技術の発達と、組み立て式の竹竿から伸縮型のスチール製竿が開発されたことでより身近なものになりました。数ある宣伝ツールの中でも単価が格安なため、宣伝コストに悩まされている店舗や企業にとっても最適です。今では既製品販売だけでなく、デザイン・サイズなどを自由に決めることのできるデザインのぼり旗オーダーすることができます。

あぴまちNetでは、デザインのぼり旗の販売を行っております。名入れやロゴ入れを施してオリジナルデザインのぼり旗が欲しいという方はお気軽にお問い合わせください。ポールやスタンドなど設置に必要な関連商品の販売も行っております。

お知らせはこちら