のぼり製作に重要なサイズ選び

のぼりには、高い宣伝効果が期待できます。一口にのぼりといっても、様々なサイズ販売されています。のぼり製作をするのであれば、活用方法に合わせてサイズを選びましょう。こちらでは、サイズ別におすすめの活用方法をご紹介します。

ミニのぼり

サイズが小さくて軽いので、ちょっとしたスペースにも設置できます。そのため、販売している商品の周りに設置したり、壁に取り付けたりと様々な方法で活用することが可能です。小さくて軽いという特徴からほとんどが室内で使用されているため、きれいな状態のまま長く使用することもできます。商品のすぐ側に設置することでお客様との距離がとても近くなり、高い販促効果をもたらすことができます。

通常のぼり

街中で一番よく見かけるのが通常のぼりです。道端に設置したり店舗の入り口付近に設置したりすることが多いです。セール情報や取り扱っている商品・サービスの宣伝など、様々な情報を伝えるための手段として有効です。また、店舗で活用するだけではなく、お祭りや選挙活動などの様々なイベントで活用することもできます。

ジャンボのぼり

人の身長よりもはるかに大きなサイズになっているので、存在感があります。のぼりの大きさを上手く活用すると、インパクトを与えることや多くの情報を伝えることにも役立てることができます。離れた場所からも確認することができるので、目印として活用したり会場内の仕切りとして活用したりすることも可能です。

スリムのぼり

一般的なサイズののぼりと比較すると、横幅が短くスリムになっています。そのため、道幅が狭い場所への設置や人通りが多い場所への設置などに適しています。しっかりとした宣伝効果を維持しつつもスッキリと設置することができるので、とても便利です。スリムな形なので、店内の入り口付近やレジ付近の設置におすすめです。

あぴまちNetでは、オリジナルのぼりや既製のぼりの製作・販売を行っております。オリジナルのぼり製作では、デザイン製作や修正を無料で承っておりますので、お気軽にご利用ください。名入れや画像を入れたのぼり製作も可能なので、お好きなデザインに仕上げることができます。また、既製のぼりのリクエストオーダーも受け付けています。ご希望のデザインがございましたら、ぜひご相談ください。

お知らせはこちら